市民自ら企画・運営を行う、市民と地域が主役のプロジェクトです。公募で選ばれた、アーティストを招聘した
作品展示や、伝統芸能、まち歩きなどのイベントのほか、まちづくりなど多彩なプロジェクトは、新潟に生まれ、
新潟で暮らす市民だからこそ見える歴史や暮らし文化の魅力に満ちています。

市民プロジェクト事例紹介

TOPICS 進展めざましいアート系市民プロジェクト

水と土の芸術祭2015総合ディレクター 小川 弘幸
「水と土の芸術祭」は、市民が主体的に関わることで、よりよく地域に根を張ることができる。
樹木に例えるなら、関係性という枝葉も伸び伸びと広げていくことができる。市民自らが企画・運営する市民プロジェクトは、ある意味、芸術祭の根幹を成すものといえる。今回も多彩な市民プロジェクトが各地で活発に実施された。中でも話題を集めたのは、美術家を招いて行ったアート系プロジェクトの数々。地域の特性を活かし、住民と協働で制作したものなど際立っていた。また前回から継続した取り組みもあり、今後の展開にも期待が高まる。アート系プロジェクトとしてのクオリティにも定評があった。

矢垂川プロジェクトパート2

作品名
祈り ばあちゃんの夢
作家名
クインビン・オフラハラ
制作年
2015

小須戸ARTプロジェクト2015

作品名
縞あかり
作家名
鈴木泰人
制作年
2015

白根アートプロジェクト

作品名
息を吹き込む
作家名
KiKiKo. 北郷崇広+北川拓未+小出真吾
制作年
2015

サイトトップ  >  市民プロジェクト 概要

(N) 撮影:中村脩